•  

WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。





WiMAXはモバイルWiFiルーターの一種

WiMAXと申しますのはモバイルWiFiルーターの一種で、屋内にいる時は勿論の事、外出中でもネット利用が可能で、尚且つ1か月間の通信量も上限なしとされている、現在一番売れているWiFiルーターだと言い切れます。
大人気のWiMAXをゲットしたいという人は多くいらっしゃると思いますが、「WiMAXとWiMAX2+ではどこがどのように違うのかが明確になっていない」という人限定で、その相違点を詳しく解説いたします。
スマホで接続しているLTE回線と基本的に違うのは、スマホは本体自身がダイレクトに電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターによって電波を受信するというところです。
このウェブページでは、「利用できるエリアが広いモバイルルーターを持ちたい!」という方にご覧いただく為に、通信会社別の通信できるエリアの広さをランキングの形でご紹介しています。
UQWiMAX以外のプロバイダーは、本家本元とされるUQWiMAXから回線を拝借するためのコスト以外要されないので、UQWiMAXと比較してみようとも、その料金は安いことが一般的です。



WiMAXならキャッシュバックキャンペーン

WiMAXについては、当然キャッシュバックキャンペーンが大人気ですが、ここ2~3年は月額料金を低額にできるキャンペーンも大人気です。
現時点ではWiMAX2+のサービスエリアとはなっていないというような人も、現在売られているWiFiルーターにて、従来のWiMAXにも接続できることになっていますし、もっと言うならオプション料金を支払えば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能となります。
LTEというのは、これまで主流だった3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いがあり、数年先に登場すると思われる4Gへの移行を無理なく遂行するためのものです。そういう理由で、「3.9G」として説明されることがあります。
自分の部屋であったり街中でWiFiを利用したいのなら、モバイルWiFiルーターが必須となります。評判が良いと言われているワイモバイルとWiMAXを入念に比較してみましたので、モバイルWiFiルーターが欲しいという場合は、閲覧してみてください。
それぞれのプロバイダーでキャッシュバックされる時期はまちまちです。現実的に入金される日は一定の期間を経過してからと規定されていますから、そうした点もリサーチした上で、どのプロバイダーでゲットするのかを判断しましょう。



モバイルWiFiで可能な限り経費を抑えたい

モバイルWiFiを所有するなら、可能な限り経費を抑えたいでしょう。料金については1カ月毎に徴収されることになりますので、たとえ200~300円程度の差であったとしましても、一年間ということになると随分変わってきます。
WiMAXモバイルルーターそのものは、持ち運びのことを考えて商品化された機器なので、胸ポケットなどに簡単にしまうことができる大きさではありますが、使用する際は前もって充電しておくことが不可欠です。
モバイルルーターの販売でライバルに勝つ為に、キャッシュバックキャンペーンを展開しているプロバイダーも存在しています。キャッシュバック分を加味した料金を比較してみた結果をランキングにして掲載しております。
私がよく知るプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に達しそうな金額に設定しているので、モバイルWiFi自体の月額料金が他社と比較して高くなっていても、「トータルコスト的には低料金だ」ということがあると言えるのです。
WiMAX2+のギガ放題プランに関しては、1カ月間7GBというデータ使用量の制限はなくなりますが、3日間で3GBをオーバーしてしまいますと、速度制限を受けてしまうということを覚えておいてください。