WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAX2+の購入キャンペーンとして

WiMAX2+の購入キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを実施しているプロバイダーが何社か見られますが、キャッシュバックは敢えてやっていないプロバイダーもありますから、きちんと確かめることが大事です。
WiMAXは必要経費の合計で見ても、他のモバイルルーターと比較してリーズナブルにモバイル通信を行なえます。サービス提供エリア内でしたら、1台のWiMAXモバイルルーターで何台ものWiFi機器をネット接続可能です。
「ネット使い放題プラン」で利用者が急増中のWiMAX。高速モバイル通信限度がないモバイルWiFiルーターとして市場を席巻しており、導入も実に簡単で、プラン内容を考えたら月額料金もそれほど高くありません。
WiMAXはホントに料金が割安なのだろうか?利用のメリットや運用上の注意点を抑えて、評判の格安SIM等とも比較した上で、「間違いなく安いと言えるのか?」についてご説明させていただきます。
ワイモバイルと言いますのは、auなどと同様に自分のところでモバイル用通信回線網を所有し、その回線を使用したサービスをマーケット展開するMNO(移動体通信事業者)で、SIMカード単体の販売も実施しております。



モバイルルーターなら全部3日で3GBか

モバイルルーターなら全部3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限が設けられています。ただし無茶苦茶な利用の仕方をしなければ、3日で3GBに達することはあまりないでしょうから、そこまで心配する必要はありません。
「WiMAX」「格安sim」「ワイモバイル」の3種を購入候補に据えて、それらの良い所・悪い所を熟知した上で、利用状況に合ったモバイルルーターをランキング形式でご披露させていただきます。
ポケットWiFiと言いますのは、携帯と同様に1つ1つの端末が基地局と無線にて接続されることになるので、手間のかかる配線などを行なうことは全く不要ですし、フレッツ光あるいはADSLを申し込んだ時の様なネット回線工事も不要です。
「ポケットWiFi」につきましては、ワイモバイルという通信ブランドが展開するWiFi用端末のことであって、実際的には外出中でもネットに繋げられるモバイルWiFi用の端末全部を指すものではないのです。
それほど知られてはいないようですが、「ポケットWiFi」という言葉はワイモバイルの登録商標なのです。それにもかかわらずWiFiルーターの1つだという理由の為に、現在では普通の名詞だと思い込んでいる方が多数派です。



銘々にピッタリのモバイルルーターを選定

ご覧のページでは、銘々にピッタリのモバイルルーターを選定いただけるように、プロバイダー別の月額料金や速度等を調べ上げて、ランキング形式にてご案内させていただいております。
ギガ放題プラン(WiMAX)というと、データ通信量が3日で3GBを超えますと速度制限が実施されますが、その制限を受けても一定レベル以上の速さはあるので、速度制限を気にし過ぎる必要はないと思います。
自分の会社で回線を保有していないプロバイダーは、本元のUQWiMAXから回線設備等をレンタルするときに必要なコスト以外かかりませんから、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は低く抑えられていると言えるでしょう。
WiMAXと申しますのは、モバイルWiFiルーターと称されている端末の一つで、屋内にいる時は勿論の事、何処かに出掛けている時でもネットを見ることができ、嬉しいことに毎月毎月の通信量も無制限とされている、すごく利用者の多いWiFiルーターなのです。
「WiMAXあるいはWiMAX2+を申し込むつもりだ」とおっしゃる方に注意してほしいのは、手堅くプロバイダーを比較するようにしないと、多い時は3万円くらいは損することになりますよということです。