WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



どこのモバイルWiFiにするかを月毎の料金のみで

どこのモバイルWiFiにするかを月毎の料金のみで決断すると、損する可能性が高いですから、その料金に目を向けながら、更に知っておくべき事柄について、わかりやすくご案内したいと思います。
オプション料金は掛かりますが、WiMAXのエリア圏外だとしても、高速で有名なLTE通信が使用できる機種も販売されているので、端的に言ってこのWiMAXの機種があれば、国内なら概ねモバイル通信ができると思われます。
正直なことを言うと、LTEが利用できるエリアは限定的ですが、エリア外においてLTEが使えない時は、ひとりでに3G通信に切り替わることになっていますから、「電波が届かない!」といったことはないと考えていいでしょう。
動画を結構見るなど、容量が嵩張るようなコンテンツを主に利用するという様な方は、WiMAX2+の方を選んだ方が賢明です。プロバイダー各社が出しているプランがありますから、それらのWiMAX2+プランを比較しならご紹介させていただきます。
モバイルWiFiルーターに関しましては、契約年数と1か月間の料金、更に速さを比較してセレクトするのが不可欠です。この他には使用することになる状況を予測して、モバイル通信が可能なエリアをチェックしておくことも要されます。



WiMAXモバイルルーターについては

WiMAXモバイルルーターについては、運搬が簡単というコンセプトのもと商品化された機器なので、カバンなどに楽々入るサイズ感ですが、使う時は事前に充電しておくことが必要です。
自宅でも外でもインターネットに繋ぐことが可能なWiMAXではあるのですが、基本的に自宅でしか使うことはないと断言されるなら、WiMAXモバイルルーターよりも家庭用ルーターの方を選択した方がお得です。
「WiMAXを買いたいと思っているけど、通信サービスエリア内か否かがわからない。」とお思いの方は、15日間の無料トライアル期間がありますから、その期間を率先して活用して、実際に使ってみた方がいいでしょう。
モバイルWiFiの世界で、ワイモバイルのポケットWiFiが価格破壊を巻き起こしています。ワイモバイルが現れなかったとしたら、このところのモバイルWiFiの世界での価格競争は起こらなかったでしょう。
「速度制限が敢行されるのはなぜか?」と申しますと、ネットの回線にアクセスが集中するという状態が発生すると、そのエリアでパソコンを利用しているすべての顧客が、なかなか接続できなくなったり速度が遅くなってしまうからです。



モバイルWiFiの1カ月毎の料金は

モバイルWiFiの1カ月毎の料金は2000円台~4000円台ですが、プロバイダーの中にはキャッシュバックを戦略にしているところが存在しているのです。このキャッシュバックしてもらえる金額をすべての経費から引けば、実際に手出しをした費用が判明するというわけです。
WiMAXは現実的に料金が安いのか?所有のメリットや留意事項を抑えて、高評価の格安SIM等とも比較した上で、「確実に安いのか?」についてお話させていただきたいと思います。
WiMAX2+のギガ放題プランに関しましては、月々7GBというデータ使用量制限はなくなりますが、3日間で3GBを越えるようなことがありますと、速度制限対象になるということを覚えておいてください。
モバイルWiFiを低料金で使いたいなら、端末料金であったり月額料金のみならず、初期費用やPointBackなどを全て計算し、その総合計で比較して割安な機種をチョイスすれば良いのではないでしょうか?
各プロバイダーでキャッシュバックされる時期はバラバラです。お金が入金される日は何カ月か経過してからという規定になっていますから、その様な点も頭に入れた上で、どのプロバイダーで手に入れるのかを判断しましょう。