WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



モバイルWiFiを手に入れようと考えているなら

モバイルWiFiを手に入れようと考えているなら、毎月の料金やキャッシュバックキャンペーン等につきましても、十分知覚した上で1つに絞らないと、将来必然的に後悔するでしょう。
WiMAXモバイルルーターに関しましては、持ち運びできるようにという目論見で製造された機器ですから、バッグの中などに容易に納まるサイズでありますが、使用する際は予め充電しておかなければいけません。
「WiMAXないしはWiMAX2+をゲットしたい」と言う方に覚えておいてほしいのは、意識的にプロバイダーを比較しませんと、2~3万円位は損する羽目に陥りますよということです。
「GMOとくとくBB」というプロバイダーは、魅力を感じるキャッシュバックキャンペーンをしていますが、現金を確実にその手に掴む為にも、「キャッシュバック振込案内メール」が届くようにメール設定しておくことが大事になってきます。
数カ月以内にWiMAXを買うという場合は、疑う余地なくWiMAX2+のギガ放題をおすすめします。通信速度が速い以外に、WiMAXの通信可能エリア内でも使えるので、ほとんどつながらないということがありません。



モバイルWiFiを選択する際に月額料金のみで決断してしまいますと

モバイルWiFiを選択する際に月額料金のみで決断してしまいますと、トチることがほとんどですから、その料金に関心を寄せながら、その他で注意すべき事項について、具体的にご説明いたします。
未だにWiMAX2+の通信が可能なエリアとなっていないというような人も、今の段階で買えるWiFiルーターの場合は、以前のWiMAXにも接続できることになっていますし、嬉しいことにオプション料金を支払うことによって、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋ぐことができます。
ポケットWiFiについては、1か月間に使用することができる通信量とか電波の種類が違っていますので、使用用途によりその人にフィットするモバイルWiFiルーターも異なると考えていいでしょう。
「WiMAXを買いたいと思っているけど、通信サービスが可能なエリア内かどうか微妙だ。」と思っている場合は、15日間の無料お試し期間があるので、そのお試し期間をぜひ活かして、常日頃の生活圏内で使ってみることをおすすめします。
WiMAXというのはモバイルWiFiルーターであり、自分の家の中でも屋外でもネットに繋げられ、驚くことに1カ月間の通信量も無制限とされている、とても人気のあるWiFiルーターだと言って間違いありません。



スマホで繋げているLTE回線とシステム上異なっているという点は

スマホで繋げているLTE回線とシステム上異なっているという点は、スマホは本体が直で電波を受信するのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiルーターを使用することで電波を受信するという部分だと言えます。
WiMAXの新鋭版として登場してきたWiMAX2+は、今までの3倍の速さでモバイル通信が可能です。もっと言うと通信モードを変更すれば、WiMAXとWiMAX2+のみならず、au 4G LTE回線も使うことが可能です。
LTEと言いますのは、スマホであったり携帯電話などで用いられる最先端の高速モバイル通信技術なのです。3G回線と4G回線の間に位置する通信規格ということもあって、WiMAXと共に3.9Gの範疇に入っています。
WiMAXについては、本家本元のUQに加えてMVNOと称される業者が販売しています。勿論のこと速さだったりサービスエリアが異なってくるということはあり得ませんが、料金やサービスには違いがあります。
過去の規格と比べると、ここ最近のLTEには、接続であるとか伝送を円滑化するためのハイレベルな技術が目いっぱい盛り込まれていると聞いています。