WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーのひと月の料金

WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーのひと月の料金(2年契約満了時迄のキャッシュバックも考えた支払い総額)を比較した結果を、安い料金のプロバイダーから順にランキング形式でご紹介しております。
「WiMAXないしはWiMAX2+を申し込むつもりだ」と言われる方にアドバイスしたいのは、丁寧にプロバイダーを比較しないと、多い時は3万円程度は要らぬ費用を払うことになるということです。
WiMAXモバイルルーターというのは、申込段階で機種をチョイスすることができ、通常は費用なしでゲットできます。ですが選択する機種を間違えてしまうと、「利用する予定のエリアでは利用不可だった」ということがあり得ます。
「ワイモバイル」「WiMAX」「格安sim」の3つを購入対象に、それらのメリットとデメリットを知覚した上で、利用状況を勘案したモバイルルーターをランキング一覧にしてご案内させていただきます。
「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ワイモバイルが展開するWiFi用端末のことであって、正直申し上げて外出時でもネットに繋げられるモバイル端末全部を指すものではなかったのです。



評価の高いWiMAXを買いたいという人は多いと考えられますが

評価の高いWiMAXを買いたいという人は多いと考えられますが、「WiMAXとWiMAX2+の違いは何かが分かっていない」という人に役立てていただく為に、その違いをご紹介させていただきます。
ワイモバイルのポケットWiFiを初めて使用してみましたが、今まで有していた何ら変わらないサービスを提供している同業他社のものと比べましても、通信クオリティーなどの点は優るとも劣らないと感じられました。
「ギガ放題プラン」で大人気のWiMAX。高速モバイル通信量の上限規定がないモバイルWiFiルーターとして販売数もうなぎ登りであり、導入も即時可能で、プラン内容を他と比べてみれば月額料金もそれほど高くありません。
WiMAXモバイルルーターというものは、機種次第で4x4MIMO方式又はCA方式のいずれかの通信技術が使われているとのことです。感度が異なるはずですから、そこを心に留めて、どの機種をゲットするのか決定するようにしてください。
私の家の場合は、ネット回線を確保するためにWiMAXを使用するようにしています。不安だった回線速度についても、まるでストレスを感じない速度が出ています。



私が推奨しているプロバイダー

私が推奨しているプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に迫るような金額に設定しているので、モバイルWiFiの月額料金が別のプロバイダーと見比べて高めでも、「トータル的に見ればこちらの方が安い」ということが考えられるのです。
WiMAXモバイルルーター自体は、携行のことを考えて作られている機器なので、鞄などに楽々入る小型サイズということになっていますが、利用する場合は予め充電しておかなければなりません。
モバイルWiFiを所持するなら、なるだけ経費を抑えたいでしょう。料金と言いますのは月々支払わないといけませんから、たとえ何百円という違いだとしましても、一年間で換算しますと随分変わってきます。
モバイルWiFiの月額料金を格段に安く謳っている会社と申しますのは、「初期費用が高額」です。そういうわけで、初期費用も月額料金に加える形で選定することが必要だと思います。
映像を見るのが好きなど、容量の大きいコンテンツを中心に利用するといった人は、WiMAX2+の方を選択すべきです。プロバイダーが各々提案しているプランがあるので、それらのWiMAX2+プランを比較しならご案内します。