WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



「ポケットWiFi」と申しますのは

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが市場提供しているWiFiルーターのことを言っている」というのが正解ではあるのですが、「外出中でもネットを出来る様にしてくれる端末全部を指す」と言った方がいいと思います。
WiMAXモバイルルーター自体は、運搬のことを考慮して開発製造された機器ですので、ポケットなどに簡単にしまうことができる大きさとなっていますが、使用する場合はその前に充電しておくことが必須です。
今現在人気のあるWiMAXモバイルルーターの全ラインナップ機種と比較しても、W03は圧倒的にバッテリーの持ちが良いと言えます。戸外での営業中も、不安になることなく使用できます。
某プロバイダーなんかは、キャッシュバックを4万円に達しそうな金額に設定しているので、モバイルWiFi自体の月額料金が比較的高めでも、「計算してみるとかえって安くつく」ということがあり得るのです。
モバイルWiFiの一ヶ月の料金は2000円台~4000円台ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックをセールスポイントにしているところがあります。この金額を全コストからマイナスしますと、実際に支払った金額がはっきりするわけです。



今日ある4Gというのは

今日ある4Gというのは正真正銘の4Gの規格とは違っており、日本におきましてはまだマーケット提供されていないモバイル通信サービスなのです。その4Gの正式な公開までの繋ぎとして始まったのがLTEになるわけです。
通信サービスが可能なエリアを広げることや通信を安定化させることなど、成し遂げなければいけない課題は山積されていますが、LTEは気持ち良いモバイル通信を実現すべく、「長期の革新」を展開中だと言えます。
WiMAXモバイルルーターにつきましては、複数の種類があるのですが、一つ一つ備えられている機能に開きがあります。このホームページでは、各ルーターの機能とか仕様を比較することができます。
LTEに引けを取らない高速モバイル通信が可能なWiMAXという通信規格も存在します。おおよそノートパソコン等々で使っているという人が多く、「時間と場所を選ばず高速WiFi通信を楽しめる!」というのが一番の魅力ではないでしょうか?
月々のデータ使用量がフリーとなっている「ギガ放題」が有名ですが、WiMAX2+には「通常プラン」というのも提供されています。このプランは、「データ使用量は7GBに限定」とされているのです。



高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+

高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、こちらの機器とプランだと、速度制限が適用されても下り速度が1~6Mbpsは維持できますから、YouToubeの動画くらいは満喫できる速度で利用可能だと言えます。
WiMAXは、料金的にも他のルーターと比べてリーズナブルにモバイル通信が可能となっています。回線が利用できるエリア内では、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi通信機器をネットに繋げられます。
自分の家とか出先でWiFiを使用したいなら、モバイルWiFiルーターが必要かつ重宝するでしょう。その人気機種であるワイモバイルとWiMAXを細部に亘るまで比較しましたので、気になるようでしたら閲覧ください。
「速度制限が敢行されるのはなぜか?」と言いますと、モバイル用の回線に短時間の間に集中的な接続が為されると、そのエリアでPCを使用しているすべての契約者が、なかなか繋がらなくなるとか速度が落ちてしまうからです。
ポケットWiFiに関しては、一定期間内に使用可能な通信量や電波の種類が違うのが通例なので、使用用途により推奨できるモバイルWiFiルーターも違います。