WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



モバイルWiFiを低料金で使いたいなら

モバイルWiFiを低料金で使いたいなら、端末料金であるとか月額料金は当たり前として、初期費用だったりPointBack等々を個別に計算し、そのトータルした金額で比較して割安な機種を購入するようにしてください。
WiMAXモバイルルーターと称されるものは、WiMAXのモバイル通信網を活用して、タブレットないしはパソコンなどのWiFiをキャッチできる端末をネットに接続するための小さ目の通信機器というわけです。
通信エリアの拡大や通信技術の更なるレベルアップ等、取り組むべき問題はあれこれ残っている状態ですが、LTEは不自由を感じないモバイル通信の実現のために、「長期に亘る変革」を展開中です。
WiMAXが使えるのか否かは、UQコミュニケーションズが一般公開している「サービスエリアマップ」を見たらはっきりします。判断しづらい場所につきましては、「ピンポイントエリア判定」を実施すれば判断することが可能です。
WiMAXの後継として市場投入されたWiMAX2+は、従来型のWiMAXの3倍の速さでモバイル通信をすることが可能です。もっと言うと通信モードを変更することにより、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTEも利用することが可能となっています。



一ヶ月の料金は勿論

一ヶ月の料金は勿論、回線の速度とかキャッシュバックキャンペーンなどにも注目することが大事なのです。それらを基に、ここ最近人気があがってきているモバイルルーターをランキングにしてご披露いたします。
ポケットWiFiという呼称はソフトバンク株式会社の商標になるわけですが、総じて「3G回線または4G回線を用いてモバイル通信をやる」場合に外せない小型のWiFiルーター全般のことを意味すると考えていいでしょう。
1カ月間のデータ通信の制限が規定されていないWiMAXギガ放題の各種料金を、すべてのプロバイダーを対象に比較して、安い順にランキング一覧にしました。月額料金だけで1つに絞ると失敗します。
モバイルWiFiを購入するつもりなら、1か月間の料金やキャッシュバックについても、完璧に把握した上で決めないと、後日100パーセント後悔すると断言します。
WiMAXモバイルルーターについては、種類が諸々あるわけですが、一つ一つ備わっている機能が全く違っています。こちらのウェブサイトでは、個々のルーターの機能とか仕様を比較一覧にしていますので、ご覧ください。



モバイルWiFiの月額料金

モバイルWiFiの月額料金を飛び抜けて安く謳っている会社を調査してみると、「初期費用が高いのが大半」です。だから、初期費用も月額料金に割り振る形で選定することが大切だと言えます。
LTEと遜色のない高速モバイル通信を実施できるWiMAXという通信規格も人気です。おおよそノート型PCなどで使われており、「時と場所を選ばず高速WiFi通信を楽しめる!」というのがウリになっています。
WIMAXの「ギガ放題プラン」ならば、1か月間のデータ通信量には制限がないですし、キャッシュバックキャンペーンをうまく活かせば月額料金も3千円~4千円の間に抑制することができますので、今のところ一番おすすめできるプランです。
「ポケットWiFi」については、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが世に提供するモバイルWiFi用の端末のことであり、正直申し上げて室内以外でもネットが利用できるWiFi用端末全体を指すものではありません。
私自身でWiMAXとワイモバイルという2つの機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度を除外しただいたいの項目で、WiMAXの方が上を行っていることが分かりました。