WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXの通信可能エリア

WiMAXの通信可能エリアは、着実に時間を使って伸展されてきました。そのお陰で、現在では街中は当たり前として、地下鉄駅などでも不便を感じることがない水準にまで達したのです。
LTEとは、スマホであったり携帯電話などで使用される最先端の高速モバイル通信規格です。3G回線と4G回線の間に位置する通信規格ということから、WiMAXと一緒の3.9Gに分類されます。
「WiMAXを可能な限り安い料金で存分に活用したいと思っているけど、どのプロバイダーと契約すべきか考えがまとまらない」という人対象に、WiMAXを販売しているプロバイダーを比較したWiMAX特別ページをアップしましたので、是非とも見ていただけたらと思います。
「モバイルWiFiを買おうと思っているけど、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのどちらにした方が賢明かなかなか決められない。」という人に役立つように、双方を比較していますのでご参照ください。
ポケットWiFiという呼び名はソフトバンクの商標として登録されているのですが、世間一般的には「3G回線であるとか4G回線を使ってモバイル通信をする」際に欠かせないポケットにも入るくらいのWiFiルーターのことを指します。



ポケットWiFiと呼ばれるもの

「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ソフトバンク(株)のワイモバイルという通信ブランドが販売しているモバイルWiFi端末のことであって、実際のところ室内以外でもネットが利用できるモバイルWiFi端末のすべてを指すものではありません。
モバイルWiFiを手に入れようと考えているなら、ひと月の料金やキャッシュバック等に関しても、正確に理解した上で選定しないと、何日後あるいは何か月後かに間違いなく後悔するだろうと思います。
今現在人気のあるWiMAXモバイルルーターの中においても、W03は断然バッテリーの持ちに優れている端末です。長い時間充電できないという時でも、心置きなく使うことが可能なのです。
正直なことを言うと、LTEが使用可能なエリアは決して広くはないのですが、エリア外においては何もしなくても3G通信に変更されることになっていますので、「接続することが不可能だ」というようなことは皆無だと言っていいでしょう。
全モバイルルーターに3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限があります。しかしながら非常識な利用の仕方をしなければ、3日間で3GBに達してしまうことはほとんどないから、そんなに危惧する必要はないと思います。



ワイモバイルが販売するすべてのWiFiルーター

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが販売するすべてのWiFiルーター」というのが正解だと言えるのですが、「何所でもネットを可能にするための端末すべてを指す」と考えた方が賢明です。
自分の会社では回線を持っていないプロバイダーは、本元と言われるUQWiMAXから通信回線等を貸してもらうときに必要なコストのみ負担すれば良いので、UQWiMAXと比較したとしても、その料金は抑えられていると言っても過言じゃありません。
ワイモバイルも利用可能エリアは拡大化しており、離島や山あいを除外した地区ならかなりの確率で使えると断言できます。インターネットに4G回線を用いて接続することが不可能な場合は、3G回線で接続可能となっていますので心配無用です。
「GMOとくとくBB」という名称のプロバイダーは、魅力を感じるキャッシュバックキャンペーンを継続中ですが、バックしてくれるキャッシュを必ず入金してもらうためにも、「キャッシュバック振込案内メール」が届くようにメール設定しておくことが絶対条件です。
「WiMAXのエリア確認を実施してはみたけど、間違いなく利用することができるのか?」など、貴方自身が日常的にモバイルWiFi端末を利用している所が、WiMAXが使えるエリアかどうかと不安を感じているのではないでしょうか?