WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



高速モバイル通信として支持されているWiMAX2+

高速モバイル通信として支持されているWiMAX2+(ハイスピードモード)というのは、速度制限が掛かっても下り速度が1~6Mbpsはありますので、YouToubeの動画などは堪能できる速度で利用可能です。
自宅の他、出掛けた時でもインターネットに繋げることができるWiMAXではあるのですが、もっぱら自宅でしか使用しないということでしたら、WiMAXモバイルルーターなんかよりも自宅用ルーターの方が間違いなくおすすめです。
同じ機種のモバイルルーターであろうとも、プロバイダーが異なれば月額料金は異なってきます。このウェブページでは、注目の機種を“料金”順でランキング化していますから、比較しやすいはずです。
Y!mobile(Yモバイル)であるとかNTTDoCoMoに設定のある速度制限が行われますと、下り速度が128kbpsになってしまいますが、この速度になってしまうと、画像や文章などのコンテンツが多いサイトのTOPページを開こうとしても、25秒前後は必要になるはずです。
WiMAXギガ放題プランに関しましては、概ね2年ごとの更新契約を原則として、基本料金の引き下げやキャッシュバックが実施されるのです。そのあたりを知覚した上で契約した方がいいでしょう。



それほど知られてはいないようですが

それほど知られてはいないようですが、「ポケットWiFi」という単語はワイモバイルの登録商標となっています。だけどもWiFiルーターの1種ということから、正直申し上げて一般名詞の様に取り扱われていると言えます。
WiMAXは、料金的にも他のルータープランと比較して低費用でモバイル通信ができるのです。電波が届くエリア内の場合、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi通信端末をネット接続できます。
WiMAXについては、本元であるUQ以外にMVNOと言われる業者がセールスしています。現実的に速度であったりサービス提供エリアが異なるということはあり得ませんが、料金やサービスには差があります。
ワイモバイルというのは、auなどと同様に自社にてモバイル用回線網を有し、独自のブランドでサービスを提供している移動体通信事業者(通称MNO=Mobile Network Operator)で、SIMカードオンリーの販売も実施しているのです。
本当にWiMAXとワイモバイルという2種類のモバイルWiFiルーターの速度や一ヶ月の料金などを比較してみたところ、上位機種においての下り最大速度を除いたほとんどの項目で、WiMAXの方が上を行っていることが分かりました。



LTEと言っているのは

LTEと言っているのは、携帯電話やスマートフォンなどに盛り込まれているこれまでにはなかった高速モバイル通信規格なのです。3G回線と4G回線の間に位置する通信規格ということから、WiMAXと同じく3.9Gに類別されています。
プロバイダーにより異なりますが、キャッシュバックされる金額はそんなに高いと言うことはできないけど、申請手続きを手間暇が掛からないように工夫しているプロバイダーも見られます。その辺のことについても比較した上で1社に絞っていただきたいですね。
WiMAXが利用できるのかできないのかは、UQコミュニケーションズがネットに掲載している「サービスエリアマップ」を確認すればわかります。特定の住所については、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判断できます。
ワイモバイルないしはドコモなら、3日間で1GBという通信量を超えるようなことがあると、規定された期間速度制限が実施されることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)だと、それらの制限はないので安心です。
ギガ放題(WiMAX)プランと言いますと、データ通信量が3日で3GBを超過しますと速度制限が適用されてしまいますが、その制限を喰らっても結構速いので、速度制限を怖がることはナンセンスです。