WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



今の段階ではLTEが利用可能なエリアは

今の段階ではLTEが利用可能なエリアは限られてしまいますが、エリア外で通信する際は強制的に3G通信に切り替わりますので、「電波が届いていない!」みたいなことはないと断言できます。
WIMAXの「ギガ放題プラン」を申し込めば、一ヶ月のデータ通信量に上限は設けられておりませんし、キャッシュバックキャンペーンを適宜利用すれば、月額料金も4千円以内に抑制することができますので、とってもおすすめできるプランだと思います。
「WiMAXのエリア確認を実施してはみたけど、完璧に使用できるのか?」など、自分が日々WiFi用端末を使用している地域が、WiMAXが使用可能なエリアか否かと不安を感じているのではないですか?
WiMAXモバイルルーターに関しては、持ち運びできることを目的に開発された機器ですから、カバンなどに簡単にしまえるサイズでありますが、使用するという場合は先に充電しておかなければなりません。
速度制限を設けていないのはWiMAXのみというイメージがあるかもしれないですが、ワイモバイルにも通信方式を変更することで、速度制限なく利用できる「アドバンスモード」という呼び名のプランがあるのです。



モバイルルーターについて調べてみると

モバイルルーターについて調べてみると、いろんなサイトで目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。プロバイダーの中には、30000~40000円の高額なキャッシュバックを準備しているところもあるのです。
毎月のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」とは別のプランとして、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在するのです。この「通常プラン」の場合だと、「データ使用量は7GBで制限する」という設定となっています。
WiMAXモバイルルーターというのは、申し込みをするときに機種を選定でき、特別な事情がない限り無償で手に入れられると思います。でも選定の仕方を間違えてしまいますと、「利用するつもりのエリアでは使えなかった」ということがあり得ます。
1ヶ月のデータ通信量の上限規定がないWiMAX「ギガ放題」の項目毎の料金を、各プロバイダーで比較して、お得になる順でランキング化しました。月額料金だけで判断するのは早計です。
全く同じモバイルルーターでも、プロバイダーそれぞれで月額料金は違ってきます。こちらのページでは、評判のいい機種を“料金”順でランキング一覧にしておりますので、比較しやすいと思います。



自宅でも戸外でもインターネットに繋げる

自宅でも戸外でもインターネットに繋げることができるWiMAXではあるのですが、もし自宅でしか使うことはないと断言されるなら、WiMAXモバイルルーターよりも通常のルーターの方をおすすめしたいと思います。
ワイモバイルのポケットWiFiを今日初めて用いてみましたが、今まで有していた同じ様なサービスを展開している同業他社の物と対比しましても、通信品質などの面は全く同等レベルだというふうに思いました。
「データ通信容量」「速度制限の有無」「月間料金」「サービス可能エリア」という4項目で比較検証しましたところ、誰が選んでも大満足のモバイルWiFiルーターは、驚くことに1機種のみというのが正直なところです。
WiMAXに関しては、今も昔もキャッシュバックキャンペーンが注目を集めますが、昨今は月額料金を低額にできるキャンペーンも高い評価を受けています。
今日ある4Gというのは正式な形での4Gの規格とは違い、私たちの国ではまだ開始されていないモバイル通信サービスなのです。その4Gの正式提供までのつなぎ役として登場してきたのがLTEになるのです。