WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



モバイルWiFiルーターの購入に当たって

モバイルWiFiルーターの購入に当たって、WiMAXとワイモバイルという支持する人が多い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1ヶ月の料金などを比較してみたところ、上位機種に関しての下り最大速度を除いた大半の項目で、WiMAXの方が優っていることが明らかになりました。
ワイモバイルのポケットWiFiが良いというレビューを見て、初めて使ってみたのだけど、今まで持っていたほとんど変わらないサービスを推進している同業他社のモノと比較しても、通信品質などは優るとも劣らないと感じました。
今の段階でWiMAXのセールス展開をしているプロバイダーは20社~30社存在しており、それぞれにキャンペーン特典の中身であるとか料金が異なっているわけです。こちらのページでは、おすすめできるプロバイダーを11社ご覧に入れますので、比較してみることをおすすめします。
モバイルルーターについてリサーチしていると、いろんなサイトで目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。なんと40000円近くの高額なキャッシュバックを実施しているところも存在します。
WiMAXの後継版という形で提供されることになったWiMAX2+は、従来モデルであるWiMAXの3倍という速度でモバイル通信が可能です。その他通信モードをチェンジしたら、WiMAXとWiMAX2+は言うまでもなく、au 4G LTEも使用可能なのです。



WiMAX2+の購入キャンペーンとして

WiMAX2+の購入キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを行なっているプロバイダーが何社か見られますが、キャッシュバックに手を出していないプロバイダーも見られますので、気を付けてください。
WiMAXは必要経費の合計で見ても、他のルーターより割安な費用でモバイル通信を行なうことができるのです。サービスエリア内ならば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi通信機器をネットに繋げられるのです。
「通信可能エリア」「通信容量」「速度制限の有無とその速さ」「料金」という4つの事項で比較検証してみた結果、どなたがセレクトしたとしても納得してしまうモバイルWiFiルーターは、ビックリすることに1機種だけというのが本音です。
WiMAXモバイルルーターと言いますのは、機種によって4x4MIMO方式あるいはCA方式のいずれかの通信技術が盛り込まれています。繋がり易さが異なるはずですので、その辺を踏まえて、どの機種を入手するのかを決定すればいいと思います。
月々のデータ通信量がフリーとなっているWiMAX「ギガ放題」の各種料金を、各々のプロバイダーで比較して、低コスト順にランキング化してみました。月額料金だけで決定すると失敗します。



LTEというものは

LTEというものは、今日の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味を持ち、数年先に登場するはずの4Gへの変更をスムーズにするためのものです。そういった背景から、「3.9G」として分類されています。
ワイモバイルないしはNTTドコモに規定のある速度制限が行われることになりますと、下り速度が128kbpsになってしまうのですが、この速度だと、少々画像や文字数の多いサイトのトップページを開くだけでも、30秒前後は掛かるでしょう。
ドコモとかY!モバイルにおいて存在する3日間で最高1GBという制限ですが、1GBというとパソコンで動画を視聴すると2時間位で達してしまい、そのタイミングで速度制限が掛かってしまいます。
今日ある4Gというのは本当の意味での4Gの規格とは違っており、日本におきましては今のところ市場投入されていないモバイル通信サービスだというわけです。その4Gの正式な市場投入までの橋渡し役としてスタートされたのがLTEと呼ばれるものです。
自分のところで通信回線を有していないプロバイダーは、大元と言えるUQWiMAXから通信回線等を拝借するためのコストしか負担しなくて済むので、UQWiMAXと比較したとしても、その料金は安価であることが一般的です。