WiMAXランキング

1STBroad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimax -ブロードワイマックス-

Broad wimaxの特徴

・「GMOとくとくBB」よりは月額が若干高いが手続きがシンプル
・店舗受取で申込当日に利用可能(渋谷、秋葉原、大宮)
・速度制限がかかる当日13時以降にメールにてご連絡をする「データ量通知サービス」あり

月額 2,726円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月以降3,411円(税抜き)

ここに注意!

初期費用割引キャンペーンのためにはサポートオプションに申し込まないといけない(安心サポートプラス550円、および、MyBroadサポート907円。ただし、入会後にすぐ解約可能で料金を発生させないことができる。)

2NDGMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBB WiMAXサービス

GMOとくとくBBの特徴

・公衆無線LAN接続サービスが月額362円(税抜)で利用可能
・2年間の総額だと現状(2017年末時点)最安値

月額 2,470円(税抜き)
評価
備考 3ヶ月目以降3,344円(税抜き)

ここに注意!

入会資料がたくさん送ってくる。
会員サイトへのログインなどが必要になったりして煩雑である。

3RDDTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTI超高速モバイル通信「WiMAX 2+」のギガ放題プラン

DTIの特徴

・30,000円キャッシュバックキャンペーン
・DTI会員限定の「DTI Club Off」が利用可能(全国の宿泊施設やレジャー施設、スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食などが特別優待価格でご利用いただけるサービス)

月額 3,500円(税抜き)
評価
備考 4ヶ月目以降4,300円

ここに注意!

キャッシュバックキャンペーンはあるが月額が高い。



WiMAXのモバイル通信エリア

WiMAXのモバイル通信エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公表されています。都内23区は勿論、全国の県庁所在地などにおきましては、何の問題もなくサービスを受けられるとお考えいただいて大丈夫でしょう。
モバイルWiFiの月額料金を特に低くしている会社をリサーチしてみますと、「初期費用が高め」です。だから、初期費用も加味して判定することが必要だと考えます。
ポケットWiFiという呼び名はソフトバンクの商標として登録されているのですが、概ね「3G回線あるいは4G回線を経由してモバイル通信をやる」際に欠かすことができない「手のひらサイズ」のWiFiルーターのことを指します。
モバイルルーター関連のことをネットでリサーチしていますと、至る所で目に付くのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。プロバイダーの戦略により様々ではありますが、4万円を若干下回るくらいの高額なキャッシュバックを行なっているところも見られます。
1~2カ月以内にWiMAXを購入するつもりなら、やっぱりギガ放題のWiMAX2+を選びましょう。通信速度が速いのは当たり前として、WiMAXの通信可能エリア内でも使用できるようになっていますので、他の端末よりも優秀ではないでしょうか?



街中であったり自分の部屋でWiFiを利用したい

街中であったり自分の部屋でWiFiを利用したいのなら、モバイルWiFiルーターが絶対に必要だと思います。人気を二分するWiMAXとワイモバイルを入念に比較してみましたので、興味がありましたら参考になさっていただきたいと思います。
常日頃WiMAXを使用しているわけですが、新規にモバイルWiFiルーターを比較し、「実際のところ最も推奨できるのはどれになるのか?」を見極めたいと思っています。
「WiMAXをお得な料金で心ゆくまで使いたいのだけれど、どのプロバイダーと契約すべきなのかの答えが分からない」とおっしゃる方に向けて、WiMAXのセールス展開をしているプロバイダーを比較した特別サイトを公開しましたので、是非目を通してみてください。
旧来の通信規格と比較してみても、格段に通信速度が向上していて、様々なデータを一回で送受信可能であるというのがLTEだというわけです。今の時代にピッタリの通信規格だと考えます。
どのタイプのモバイルルーターにも3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限が設けられております。ですが無茶苦茶な使い方をしなければ、3日間で3GBに達してしまうことはほとんどないから、それほど不便を感じることはないと思います。



モバイルWiFiルーターの購入に当たって

モバイルWiFiルーターの購入に当たって、WiMAXとワイモバイルという人気の2機種のモバイルWiFiルーターの速度や1カ月毎の料金などを比較してみましたが、上位機種限定の下り最大速度を除外した概ねの項目で、WiMAXの方が優っていると分かりました。
WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、申込時に機種を選択することができ、大概タダでもらえると思います。けれども選定する機種を間違えてしまいますと、「使おうと思っていたエリアがまだサービス外エリアだった」ということが多々あります。
WiMAXモバイルルーターそのものは、持ち運びが簡単というコンセプトのもと作られている機器なので、鞄などに易々しまうことが可能な大きさではありますが、使う場合は予め充電しておくことが要されます。
ワイモバイルないしはNTTDoCoMoで取り決められている3日間で1GBまでという制限ですが、1GBという通信量はPCなどで動画を視聴しますと2時間前後で達してしまうことになり、その段階で速度制限が掛かることになります。
「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが販売するWiFiルーター全部」というのが正解だと言えるのですが、「何所でもネット環境を与えてくれる端末全部を指す」のが普通です。